Blog

コンサルテーションに必要な知識①|地域子ども総合支援者(インクルーシブ教育推進OT)養成講座 第6回

講師:東京工科大学 准教授 作業療法士 友利幸之介先生 実践で基礎となる視点をたくさん話してくださいました。 受講者は作業療法士や学校の先生、保護者、心理士、保育士などなど。 そこで、友利先生はアニメーションで描かれた映像でADHDの男の子の生活を 最初に見せてくれました。 男の子は、 ●朝が起きられない ●準備の途中で部屋にある漫画が気になり、読み始める準備ができない ●忘れ物が多く、準備の途中で読み始めた漫画をカバンに入れている 先生に怒られると、「お母さんがカバンの中に入れたんだよ。」という ●授業中では「51+34は85だ!」と解いている問題を声にだす ●数字が人の顔に見えてくるような気がして、落書きして先生に怒られる *日頃、よく見る光景のお子さんを題材に考える切り口をいろんな視点から見ることが大切! 各モデル(個人・医学・生活・社会)は、医療や福祉・行政のそれぞれの立場から情報を把握して関わっているので、決して対立するのものではない。 その子が個人モデルでハンディーキャップがあったとしても、生活モデルで直接的に 解決していくことができる。状況に応じて、適宜の情報を統合していく。 その共通原語となるものが「ICF」(国際生活機能分類)である。 ■ ICFができるまで *国際疾病分類を死亡率も含めて、疾病を整理していく為に作られた。 ●ICIDH;障害の分類(一直線でわかりやすいモデル) →障害が治らないと生活が成り立たない、社会で生きていくすべが見つからない。 ●ICF;生活機能の分類 →健康を考える上で必要な要素が挙げられている。いろんな側面から捉えて、 生きていく

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Archive
Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

相談支援事業;4771300110

保育所等訪問支援;4751300379

904-1106

沖縄県うるま市石川828番地6

tel; 098-923-3276

fax;-098-901-4415

Mail;info@yuimawaru.com