Blog

沖縄市立幼稚園特別支援担当者研修会

沖縄市立幼稚園特別支援担当者研修会に講師として参加させて頂きました。 今回のテーマは「気になる子への支援方法について」で ・特別支援児や気になる子への関わり方 ・子どもを理解する視点 ・具体的な遊びや教材 についてお話させて頂きました。 始めに、感覚統合の視点からこどもの発達について紐をといてみると 普段、先生方が遊びの時間にブロックやお絵かき、砂場遊びなどされていると思います。 この遊びこそが、子どもの成長に大切で「自分自身のからだのものさし」を育てることができます。 「からだのものさし」が育つからこそ、言葉では表さなくても表情や態度で相手の気持ちをくみ取ったり、お友達と交流することにつながるんですよね。 次に、こちらの実験。 仲間さんが、先生に「立ってください。」としか伝えていないのにボールを構えると、先生は両手を広げてボールをキャッチする構えをしたんです。 不思議ですね~。 これは相手の動作を見ただけで、「こう動くだろうな。」と予測したからなんですよね。 日々、先生方がしてくれている活動の一つ一つに子どもたちの成長につながるもの、そしてこれが、小学校生活で必要な「椅子に座る事」や「ノートに板書すること」、「お友達と当番活動」などにすべて関係していくことなんです。 最後に、ゆいまわるではおなじみの「協働関係」についてお話させて頂きました。 片づけしているときに、質疑応答や「この知識を他の職員にも広めたい」というお声も頂き、。 ゆいまわるは、沖縄市の幼稚園でも関わらせて頂いているので、今後が楽しみです。

インクルーシブ教育について~保護者会~

学校訪問させて頂いている学校で保護者に向けての「インクルーシブ教育とは」をお話ししてきました。学校やメディアでもインクルーシブ教育や合理的配慮という言葉を耳にすることが多くなりましたが、 どういうものなのでしょうか。 以下に 支援を受けているお子さんがクラスに参加することで 「先生その子につきっきりにならないかな?」 「友達同士のトラブルに巻き込まれたらどうしよう」 「授業の進行が遅くならないかな?」 などの不安の声や 「問題と感じる行動」。様々なものがあがってくると思います。 保護者の方の不安を解消し、そのお子さんがクラスに入るために多様な専門職が介入している現状にあります。しかし、「問題」を解決しようとするとその問題の原因を探り解決できることとできないところがでてきます。 例えば、家庭環境や生活歴、発達障がいなど様々な要因はありますが「今すぐ」に変えることは難しいのが現状です。 そこで、変えられないなら 「別々で過ごすほうがいいのか?」「個別支援が必要なのか?」 という考えになると思います。 インクルーシブ教育は“その子”とクラスの子供達が多くのことを学ぶ場を提供することをいいます。訪問していると授業に集中するために離席する子、板書を一生懸命するために貧乏ゆすりをしたり椅子の上に片足を乗せる子など子供達の中には気づかれずに1人悩んでいる子が沢山います。 1人の多様性を見つめることは、クラスの中で1人苦しんで来た子供達のための学級づくりにも繋がると思います。 ゆいまわるでは、先生の教育が届くようにクラス運営を含めてお手伝いさせて頂くことがあります。そのお子さんを含めてクラスに

社会の期待に応えたい!価値を育む教育

相手の気持ちを察すること 周囲の期待に気付き頑張ること 自分のことよりも相手のことを優先すること 社会参加には大切な力 でも、自分が感じること以外のことを理解するのに少し難しさを感じる子供達がいます。 「相手の気持ち」 「社会のルール」 そんな見えない世界にアンテナが張れない。 だから、 「僕がやりたくないからやらない」 「僕がいいと思ったから間違ってない」 「どうしてこれやらないといけないの?」 そんな風に学校の中で一緒に生活するにはうまくいかないな・・・と本人も周りも思う場面がたくさん出てきてしまいます。 自閉症だから相手の気持ちの理解はできないんですよ。 だからわかってほしいとよく相談を受けることもあります。 でも、ここに教育が入ると全く違う世界が生まれます。 小さい頃からずっと周囲の期待とは別の世界で生きてきた男の子。 僕がやりたいことをする!やりたくないからやらない! ただその物差しだけで生きてきたようでした。 でもそんな男の子に、1人の先生が友達の気持ちを伝え、 期待されていることを伝え、クラスの一員として愛されていることを伝え、 周囲の愛情への応え方を教えました。 何度やってもうまくいかなくても「わからないなら教えることが私たちの役目」 と絶対諦めずに、何度もトラブルが発生しながらも「教育が届く」ことを信じて向き合い続けました。 今日学校で、男の子は手を挙げて発表していました。 「先生、できた!ねーできたよ」 そうやって周囲の期待に応えられたことを嬉しそうに表現していました。 本当に教育とは凄いものだと思う。 彼に、しゃかいの期待に応える喜びを教えられるのは、この

事務の日

今日は事務の日 1年前は一人で黙々とやっていた作業。 今は事務大好き!と言ってくれる最高のパートナーと一緒に楽しく作業ができます。 今日の事務のお供は「小樽運河ドーナツ」 事務所 の近くにあるのでゆいまわるではよく登場します。 さて、慌ただしかった事務作業 色々通知の件でご迷惑もおかけしましたが、少しシステム化され、やっと安定してきました。 まだまだこれからですが、事務作業も大切なゆいまわるの作業ですので、しっかり育てていきたいと思います。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Archive
Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

相談支援事業;4771300110

保育所等訪問支援;4751300379

904-1106

沖縄県うるま市石川828番地6

tel; 098-923-3276

fax;-098-901-4415

Mail;info@yuimawaru.com