Blog

学校単位で訪問できるシステム作りの第一歩


​​南風原町子ども課の前城充課長の

取り組みで、南風原町の小学校に

作業療法士が訪問できるように、

本日は、初回の訪問をさせて頂きました。

翔南小学校では、

クラスをもっと良くしたい!

子どもたちが安心して学べる

学級にしたい!

と強く願う先生方と、子どもたちの教育ニーズに応える学級づくりについて、

ディスカッションをしました。

作業療法士は、個の特性への対応ではなく、

先生の届けたい教育としての「作業」の実現に向けて、

学級環境で可能な個々の子どもたちの力の活かし方を

一緒に考えていくことができます。

届けたい教育が決まったら、できることから叶えていく

ことができます。

後々、作業療法士が学校単位で

訪問できるシステム作りの第一歩として、既存のシステムで

まずはスタートです。

外の景色が真っ暗になるまで、ディスカッションが盛り上がり

ました。

学期末のテスト後で、

お忙しいところを時間を作って頂き、ありがとうございました。

今後も宜しくお願い致します。

Featured Posts